■外国人旅行者向け消費税免税制度の改正のお知らせについて

平成26年10月から外国人旅行者向けの消費税免税制度が改正され、すべての品目が消費税の免税対象になる予定となっております。
○制度の概要
 昨日12月の「与党税制改正大綱」により、本年10月から外国人旅行者向け消費税免税制度(輸出物品販売場制度)が変更される予定です。外国人旅行者のショッピングにおける魅力を向上させ、日本における旅行消費を増加させるため、全ての品目を消費税免税の対象とするとともに、利便性向上の観点から免税手続が簡素化されます。

(1)免税対象品目について
現在免税対象となっている家電、装飾品、衣類、靴、かばん等のほか、現在免税対象から除外されている食品類、飲料類、たばこ、薬品類及び化粧品類等も含め、全ての品目が免税対象となります。

・新規免税対象品目については、これらのみで、1人1日1店舗あたり「5千円超50万円以下の購入」が免税対象となります。

・新規免税対象品目は、旅行中に消費されないように、店舗にて定められた方法で包装すること。

・購入後30日以内の国外への持ち出しを購入誓約書において誓約すること。

・既存の免税対象品目については、1人1日1店舗あたり「1万円超の購入」が免税対象です⇒現行どおり

(2)免税手続の簡素化
店頭での手続時間短縮のため、免税申請書類の様式の弾力化や、小売現場のIT化にも対応した手続方法等に簡素化される予定。

(3)制度開始時期
平成26年10月1日(予定)

参考となるHP
・観光庁HP
 外国人旅行者向け消費税免税制度の改正について
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000098.html

・国税庁
 輸出物品販売場における輸出免税について
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/menzei/
 制度改正の概要について
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/yusyutuseido_kaisei.pdf